借金を背負っても明るい理由

借金返済記
自己紹介
このブログの主
多十 才無

今年で33歳の愛知県在住のおじさん。
大学卒業後、就活に失敗し家業を継ぎ建設系の作業員となる。
労働に労働を重ね、現在3600万円の借金の返済を目指している。

多十 才無をフォローする

どうも。数日で貯金100万円から借金270万円に転落したおじさんです。

いやぁ。参りましたね。

数日前まで100万円の貯金がある!なんて宣っていたのですが、一気に270万円の借金!

笑っちゃいますよね。

読者の方にはやんわりと心配をされていたりしますが、おじさん、割と元気ですよ。

正気です。いや、本当に。

心配ばかりかけさせられないので、その理由をちゃんと話しておこうと思います。

まだ返せる額

270万円くらいならまだ返せるなと思っているのが一番です。

奨学金を借りてる人と似たような額なので、そこまで気負わなくてもいいやと言った感じ。

またローンカードは利息さえ払い続ければ返済期限がないので、月々の支払いさえ出来ていれば問題はないかなと。

利息分無駄になってしまいますけどね。

高い勉強代ということで。

そこそこ収入がある

不安定ではありますが、そこそこ収入があるおじさん。

これが1番の理由でもありますね。

割と特殊な技能と国家資格を持っているのでなんとかなるだろうと変な自信があります。

頭のおかしいおじさんってだけではないんですよ。これが。

資格と技能に関しては努力してきてよかったなと思うところですね。

頭もそれほど悪くなかったようで、子作りガチャでハズレを引かなかった両親に感謝です。

と、言ったわけで節約さえすれば3〜4年ほどで返せるしいいか、なんて思っているのも理由の一つです。

マンションを買っている

これから書く婚活の思い出にも出てきますが、マンションを購入してます。

ちょうど家が安かった頃に買ったのと、場所がそこそこ良いので、今だと買った頃より800万円ほど値上がりしてます。

5年ほど住んでローンも返済しているので、今売却した場合、色々差し引いても利益として500〜800万円ほど出る算段。

最悪の場合、家売ればいいか。

なんて考えているのも要因の一つです。

270万円くらいの借金ならサッと返せるしいいやと思っています。

親類に頼れる

色々あって、まだ親にお金を借りた事が無いので、最悪、親に頼ればなんとでもなるかな、なんて思っています。

まさにクズの思考。

また、一人っ子で祖父母も親もそれなりに財産あるので、とりあえず定期的な支払いさえ滞らなければなんとかなるという短絡的な考え。

仕事さえダメにならなければという前提なのだけれども。

そんなこんなでまだまだ元気です。

仕事を廃業したりしない限り、割と元気でやっていると思います。

とは言え色々と意識を変えて行かねばならぬのでね。

しばらくは甘えずにやっていきます。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました