借金を背負ったらまずやるべき4つのこと

借金返済記
自己紹介
このブログの主
多十 才無

今年で33歳の愛知県在住のおじさん。
大学卒業後、就活に失敗し家業を継ぎ建設系の作業員となる。
労働に労働を重ね、現在3600万円の借金の返済を目指している。

多十 才無をフォローする

どうも。軽率に借金を作ってしまったおじさんです。

今日は誰かの為になるかもしれない借金をした時に取るべき行動4選をお伝えしていこうと思います。

借金ってホント、ひょんなことから出来ちゃうのでね。

人間、いつどうなるかわからないのはここ数日の僕を見てもらえればわかると思いますのでね。

僕は博打でしたが、リボ払いでの借金なんてのもありますからね。

支払い切れない何かというのは長く生きていれば一度はぶち当たる可能性は大いにありえます。

ではもしも作ってしまった時や、今現在借金を抱えている人に向けて、一般的にどうすればいいか、僕が前回借金を返済した時にどうしたかをお伝えしていきます。

1.親類や消費者センターに相談する

僕は色々あって出来ませんでしたが、これはいの一番にやってください。

親に借り換えてもらうと言う形で利息分の返済をせずに済みます。

恥ずかしさもあると思いますし、何かと言いにくいことではあると思いますが、自己解決が出来る範囲外に行ったと思ったらまず親類に相談しましょう。

話を聞いて欲しければ消費者センターへ。

債務整理を勧めてくれるかもしれません。

本当、恥ずかしいと思いますが、一人で抱え込むよりいくらもマシです。

2.支出を減らす計画をする

まずはここです。

家計簿をつけて要らないものを徹底的に排除しましょう。

例としては、サブスプリクション等を軒並み解約するだとか、無駄な食料品を買わないだとか、外食を減らすだとか…

言い方を変えると生活のレベルを落とすと言うことですね。

限界を目指していき、少しでも浮いた分を返済に充てていきましょう。

借金は繰り上げで返済していかないと利息分を延々と支払うことになります。

ローンカードやリボ払いは支払い期限が定められていないのですが、これが罠。

支払い期間が延びれば延びるほど、利息は増えていくのです。

なのでまずは切り詰めて、毎月の最低限の支払いに対して上乗せで返済をしていくことを考えましょう。

3.副業をする

こちらに関しては勤めている会社によって制限があったりするかもしれませんが、とにかく収入を増やしていきましょう。

先程も言いましたが、完済は早ければ早いほどいいです。

ので、可能であれば単発のアルバイトをこなして行くといいです。

以前記事にも書きましたが、単発のアルバイトは探せば色々とあるものです。

こう言うところで都合の良い日を探して月に1〜2回でも働くといいですよ。

明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

体力的な問題も出てくると思いますので、無理のない範囲でなんでもやる!の精神でやってみてはいかがでしょうか。

割と即効性があるのでオススメですし、単発のバイトを月に2回ほどやるだけで月に1〜2万円の収入になります。

それを続けていき、返済に充てていけば完済までの期間が早まりますよ。

4.断捨離がてら売れるものを売る

これも割と即効性があるのでオススメです。

家にある要らないものをバンバン売ってしまいましょう。

少額過ぎてやる意味がないのでは?

と、思うかもしれませんが、その少額の積み重ねが効いてきますのでね。

また、部屋も広くなるし、それらにまつわるものを買わなくなって節約にもつながります。

僕の場合は漫画なんかは新刊を買わなくなり、レンタルを待つようになりました。

物が多いと逆に無駄遣いをしてしまうような気もするので、断捨離は定期的にするといいのかなと思います。

あとがき

如何だったでしょうか。

借金をするのは簡単ですが、返すのは大変です。

歯を食いしばっていかないとなかなかしんどいものがあります。

日々、誘惑は絶えないもの。

その誘惑を振り切っていく鋼の精神が必要です。

もしも読者の方に借金があると言う方がいらっしゃったら一緒に頑張りましょう。

僕も現在、カードの分割分を含め270万円ほどの借金がありますので。

返せる額のうちに早足で返済していきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました