借金の思い出をプレイバック2021年春その1

更生日誌
自己紹介
このブログの主
多十 才無

今年で33歳の愛知県在住のおじさん。
大学卒業後、就活に失敗し家業を継ぎ建設系の作業員となる。
労働に労働を重ね、現在3600万円の借金の返済を目指している。

多十 才無をフォローする

やぁ。アドセンス狩りにあっても特にモチベーションに変化のないおじさんだよ。

今週1週間はとにかく浮き沈みの激しかった。

特にハイローでは一時期−40万円ほどになり目の前が真っ暗になったし、その夜には+51万円勝つ事で負債を帳消しにしたり。

帳消しにした上でお釣りが出た分を昨日の深夜にほぼほぼ全額溶かしてしまったり。

色々あった。

中でも1番大きな変化としては、全ての借金が完済されたこと。

ローンカードの残高は綺麗に0。

リボ払いに変更したものも0。

残ったものはカードの分割払い分のみ。

分割払いしたものに関しては繰り上げでの返済が不可能なので、ひとまずこれで綺麗な身体になったということに。

一昨年の年末に膨れ上がり始めた借金。

原因は仕事がなさすぎて専業トレーダーまでは行かずとも、足りない分の月収を補う形でなんとかせねば!と、もがいた事だった。

今もそうなのだが、仕事がなくなると本当に焦りがすごい。

そんな中で戦おうだなんて無謀極まりなかった。

そんなこの2年間を振り返っていこうと思う。

投資・投機への悪魔の囁き

僕が博打の道に落ちたのはかなり前の話なのだけれども、この手の投資、投機については2年前まで全くの無知だった。

と言うのも、仕事の調子が良すぎてそんなこと考える余裕もなかったし、投資や投機に関して無知過ぎて、

「あんなもの絶対に儲からないし、なんかうさんくせぇ。」

と、思っていた。

事実として、祖父が株で大損こいていたのを知っていたのがその思考に拍車をかけた。

まぁこれも今なら買い方が悪かったの一言に尽きるのだけど。

今にして思えばあの時から勉強しておけばなぁ、と思ったりもしないでもない。

そんなことはさておき、2年前の2019年から仕事が激減。

その減り方は店を畳むことも考えるレベルで、公共事業費の大半がオリンピックの会場建設費に回っているから工事物件がない!と噂が出るほど。

実際に店を畳んだ同業者も多数いた。

そんな時に現れたのが「仮想通貨」である。

第一の罠、仮想通貨

仕事はないが、時間はある状態になるとやたらといらぬ情報を仕入れたりしてしまうのは世の常。

その例外に漏れず、僕は仮想通貨の加熱期を知ることになる。

当時はビットコインが100万円を超えた!と、大騒ぎをしていた時期だった。

当時、貯金もそこそこにあった僕はそれに飛び乗った。

何の訳も分かっていなかったが、とりあえず貯金はあるし…

と、勧められるがまま、50万円分のXRPを購入。

購入当時は77円/XRPだった。

ここから地獄が始まったのは言うまでもない。

まず、1ヶ月後。

ここでXRPは40円まで値を落とす。

と、いうのもこう言った投資話、みんなが騒ぎ始める=先駆者が利確のタイミングを測っている時なのだ。

そして大口が利確しだすと、あれよあれよという間に暴落すると言った仕組み。

僕もそれに巻き込まれた一員だった。

たった1ヶ月で50万円は30万円ほどになりただただ絶望。

その後、短期売買を繰り返すも、素人のそれなど通用するわけもなく。

あっという間に50万円は15万円ほどに。

今だから言えるが、仮想通貨は初心者には向かない。

短期的な値動きが激しすぎて、初心者には目減りするのが耐えられ無いのだ。

考えてみて欲しい。次の日には100万円が80万円になったりするのが仮想通貨なんだけども、その含み損に耐えられるだろうか?

耐えられないと思うし、博打が好きな僕でもダメだった。

なので投資として運用するのであれば長期運用をしよう。

定期積み立てをする感覚でやるのだ。

ひたすら価値が上がると信じてコツコツ数万円ずつを何年かやるつもりで買い集める。

これは株でもなんでも通用することで、一時の上げ下げで動じてはならない。

仮にの話だが、僕もあの時焦らずにコツコツと買い足していたら今頃数百万の利益が出ていた。(2021年5月8日現在のXRP価格は180円前後でおよそ2.5倍)

が、僕は訳がわかっていなかったので短期売買に走ってしまったわけだけど。

本当に短期売買は初心者には向かない。

やるのであれば長期で積み立てるものだと思ってやって欲しい。

バイナリーオプションとの出会い

大損をこいた僕がその後出会ったもの、それがバイナリーオプションだ。

バイナリーオプションの簡単な説明をすると、FXの亜種だと思ってくれればいい。

数分後に今の為替レートより上がってるか下がっているかを当てるもの。

これが借金への落とし穴だった。

早いものだと30秒で最大20万円を賭けられるのだが…恐ろしい遊びである。

とりあえずチャートのパターン分析を覚えつつひたすら賭けて行く日々。

勝ったり負けたりを繰り返しているつもりがどんどん負けが膨らみ貯金はついに0に。

ここから地獄の始まりである。

次勝てば取り返せると熱くなり、まずは生活費に手を出すテンプレートな行動を取りさらに負け…

そしてとうとう借金をしてまで博打を打つようになる。

そして結果として1年をかけて合計200万円負け、借金150万円抱える事に。

暗黒時代の始まりであった…

次回へ続く…

コメント

タイトルとURLをコピーしました